コロナ禍で廃業した飲食店や事業者を応援したい!!Web系フリーランスの自分にできることは何なのだろう

東京中野区区でWebのディレクター兼エンジニア兼マーケターをしているフリーランスのSomeiyoshino山崎です。

この記事を書いている2020年4月22日現在、世界は新型コロナの影響で、大混乱をきたしています。

新型コロナに感染した人の中で亡くなる直接的な被害も増えていますが、感染拡大のための経済活動ほか不要不急のすべての活動の自粛が要請され、経済は大打撃をこうむっています。

政府は補償対策を打ち出していますが、正直追い付かないのが実情でしょう。

今回の感染症の拡大では、人の移動、密集を制限させるという対策が取られているため、飲食業・旅館業・航空/鉄道業・店舗型ビジネス・アーティストなど、特定の業種の人は収入が激減どころか廃業に追い込まれている人が激増しています。

自粛を声高にとなえ、自粛の中、営業しているお店や外出している人にペナルティを与えよと、他罰的な発言をしている人は、このような廃業に追い込まれている壊滅的な業種の人ではなく、給料が保証されている自分は安全圏にいる人たちがほとんどです。

簡単にただ自粛を唱えるのではなく収入激減や廃業に追い込まれている人への配慮は絶対に欠かしてはならないと思います。

しかもこの記事を書いている今現在、終息の気配は見えていません。

専門家の意見によると、外出や経済活動の自粛だけで、この新型コロナを終息させるには難しいといいます。

完全な終息は、国民が集団免疫を獲得するか、ワクチンが完成し世間一般に浸透するかの2つしかないそうです。

そしてどちらにせよ、早くて2~3年、下手すれば10年程度の時間がかかるという意見もあります。

超複雑系の自体ゆえ、先の事は誰にもわかりません。

ただニュースやワイドショー、政府の発表をうのみにするのではなく、信頼のあるソースからの情報を吟味し、今後の自分の行動を自分の頭で考えるべきだと思います。

ただ、新型コロナの終息までに早くて2~3年、下手すれば10年程度の時間がかかるとして、その期間、今と同じように経済活動ほか不要不急の活動の自粛を続けた場合、間違いなく国というか世界はほろぶと思います。こうなってくるともはやサラリーマンも公務員も関係ありません。

今回日本では、一律10万円の給付が決定されましたが、収入が激減した人や、事業再開の見込みが立たない人、廃業に追い込まれた人にとって、この10万円がどれほどの支えになるのでしょうか?
もちろん他にも様々の補償政策が打ち出されていますが、たかだか1~2か月、しのぐのがやっとの政策です。自粛が長くて1~2か月であればしのぐことができるかもしれませんが、前述のとおり、2~3年と長い期間終息しないという見方も出てきています。

世界が国が、そして我々が今後どのような方針で生活していくか、まったく見えてきません。

とりあえずは自分が言えることは、今を全力で生き延びる・・・だだこれに尽きると思います。

そして、こんな時だからこそ、礼節を大事にして助け合い、協力し合って、この危機を乗り越える・・・それが人間だと思います。

世間では自粛のストレスと、新型コロナの恐怖に駆られて、礼節を欠いた行動をとったり、自分だけの保身のための買い占めや転売に走ったり、自粛していない店舗や、外出している人への迷惑行為・暴力や誹謗中傷なども見受けられます。

こんな時だからこそ、笑顔で気丈に協力し合って、助け合っていきたいと切に願います。

Web系フリーランスとして自分に何ができるのか?を真剣に考えてみた

まずは自分が生き残り、自分の得意を活かす

まずは自分が生き残らなければ、なんの活動もできず、貢献もクソもないので、まずは自分が生き残るために、自分の生活をとことん切り詰めました。

固定費を極限まで圧縮し、自分のメンタルと身体を健全に保ち、自分の生業のスキルをサビさせることなく自己投資を継続させていたます。

その上で、この状況下で何ができるかを考えたら、やはり自分の得意を活かすしかないなと思いいたったわけです。

このコロナ禍で廃業に追い込まれた飲食店や旅館・ライブハウスなどを助けたい

自分の弟は先日、飲食店をオープンさせ、その直後に新型コロナが大流行してしまいました。

身を切るような思いです。

知り合いの飲食店やライブハウス、行きつけの飲み屋などがつぎつぎと廃業しています・・・

同調圧力を利用して保障なしの自粛要請・・・

生活の糧を奪われるという事がどういう事か、経済的に打撃を受けていない人も、もう一度想像してみてあげてください。

そこで自分に何かできないかを考え、次に様な事を考えました。

廃業もしくは収入が激減してしまった方・事業者へのWeb制作支援・Webコンサル支援

激安ないし無償で自分のサービスを提供して経済的に立ち直るためのお手伝いをいたします

自分ができるのはWeb制作・Webマーケティング・Web活用コンサルティングになります。

多くの方のお手伝いをしたい点と、自分の本業の合間に実施する点を考慮して、おひとり・一事業者にご提供できるサービスには限りはございますが、ご相談いただいた内容を吟味して、自分ができる範囲のお手伝いを模索していきます。

まずはご相談ください。

例えば・・・こんな方、こんな事業者さまが対象

今現在、大きな影響を受けているのは、飲食業や営業自粛に追い込まれている店舗型ビジネス事業者さんや旅館・観光業ほか、業種が近いフリーランスや、アーティストなどの方が多いと思います。

今回のコロナ禍で収入激減、廃業、自粛閉店で再開の目途がたたない店舗・事業者さまが、この状況下でも営業活動をするための新しい事業、飲食業であれば、例えばテイクアウト、ランチ・ディナーのデリバリーサービスを立ち上げる(宣伝する)、リモート料理教室を開いたり、など・・・

短期間で新しい事業・サービスを考え、打ち出すのは大変なことです。

とくにWebを活用したビジネスに乗り出したいけど、WebやIT、アプリなどの知識がほぼ無い・・・初期投資するためのお金の余裕もない・・・そんな方・事業者さまが対象です。

今を生き延びるためのビジネスをともに考えたいと思います。

まずはご相談ください

ただ個人として活動しているいちフリーランスではあるので、微力で出来ることに限りはありますが、自分の力・スキルが活きて誰かの危機を回避させて、新しいビジネスとしてこの状況を切り抜けるお手伝いすることができれば、長期的に見れば社会や自分にまわってくると確信しています。

最後にこんな状況下ではありますので、新型コロナに感染する以前に、ストレスやコロナ鬱でまいってしまう人が多くなってきています。

まずは、日の光をあびて、できるだけポジティブな事を考え、ネガティブなニュース垂れ流す各種メディアからの情報を遮断することをおススメします。

むしろこの危機的状況が、新しいビジネスの出発点となったり、人々が争いから協力に転換するきっかけになればいいなと願ってます。

Someiyoshinoでは日々ホームページ制作とWebマーケティングのスキルを磨き、お客様の商売のプロモーション・集客に役立つため奮闘しています。

ホームページの制作・更新・運営、Webでのプロモーション・集客に興味・お悩みがございましたらお気軽にご相談ください。